テーマ:北斗の果てに

北斗の果てに・・・④ 第一便、患者の内地送還

団塊お嬢ジャーニー <<   作成日時 : 2008/03/01 17:13   >> 北斗の果てに・・・④ 矢部健夫 第一章  ソ連での抑留生活 ◆  第一便、患者の内地送還 抑留後二年程経った頃、作業に堪えられる見込みのない患者の帰国があった。 それは体が丈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・(21) 第六章 雑感  母

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2009/11/10 14:47 >> 北斗の果てに・・・矢部健夫 第六章  (21) 第六章 雑感 ◆ 母 母はよく父に仕え、私達子供を常に愛情をもって育てて呉れた。母は私達六人の子供の生年月日をいつまでも覚えていてくれた。 学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに・・⑳ 第六章・雑感  背に腹は替えられぬのたとえの通り

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2009/11/03 21:33 >> 北斗の果てに  矢部健夫 ⑳  六章  雑感 ◆ 背に腹は替えられぬのたとえの通り 飢えと寒さと重労働の四年間は余りにも長く辛苦の時だった。 国民性の違いもあってか、良かれと思う我々の要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果て・・⑲ 第六章 雑感  赤線の無いソ連

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2009/10/28 19:08 >> 北斗の果て・・・矢部健夫 ⑲   第六章・雑感 ◆ 赤線の無いソ連 ヤボンスキー芸者、富士山、侍は、ソ連人が誰もが口にし又関心が深かった様だ。ソ連人の殆んどが日本人女性に興味を持っているら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・⑱ 第六章・雑感  母の消息

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2009/10/24 23:30 >> NHKで戦争の証言を集めているようです。 そこで、シベリアの抑留生活の貴重な体験を書いた伯父の自叙伝「北斗の果てに」も参考にしてもらうため、NHKに送ろうと思っています。 以前、この本の第一章・・ソ連での抑留生…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに ⑰ 北の島、占守島で守りにつく! 戦友の友情

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2009/01/25 17:46 >> 北斗の果てに  矢部健夫   ⑰ 第三章  北の島、占守島で守りにつく! ◆ 戦友の友情 ソ連抑留後三年目、私達多くの下士官と召集前警察関係や軍関係等に勤務していた者達は、共産主義普及のさまたげ、言わば…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに・・・第三章 ⑯ 北の島、占守島で守りにつく! 冬の海

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2008/12/15 15:17 >> 北斗の果てに・・・第三章   矢部健夫  ⑯ 北の島、占守島で守りにつく! ◆ 冬の海 満三年の占守島(しゅむしゅとう)での思い出は多い。 特に冬の海はよく荒れた。 海岸近くに中隊の兵舎が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・・⑮ 北の島、占守島(しゅむしゅとう)で守りに着く!

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2008/11/15 18:04 >> 北斗の果てに・・・矢部健夫・・・⑮ 第三章  北の島、占守島(しゅむしゅとう)で守りに着く! ◆ 積るのと掘るのとどちらが多いか! 満一年間の南方生活からカムチャッカ半島と隣り合わせの占守島での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・・・⑭  父島での生活

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2008/10/18 17:45 >> 北斗の果てに・・・矢部健夫・・・⑭ 第二章 満州、小笠原での軍隊生活 ◆ 父島での生活 小笠原の父島で満一年、軍事教育は極めて少なく殆んど陣地構築に追われて日々を過ごした我々だった。 或る時…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに・・第二章・・⑬ 人間の運命

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2008/10/08 08:21 >> 北斗の果てに・・・矢部健夫 ⑬ 第二章  満州・小笠原での軍隊生活 ◆ 人間の運命 私が召集を受けたのは、満三年六ヶ月の現役を除隊して、一年二ヶ月経った昭和十六年十月だった。 当時陸軍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北斗の果てに」・・・⑫ 陽こう攻撃

団塊お嬢ジャーニー <<   作成日時 : 2008/09/15 14:28   >> 「北斗の果てに」・・・矢部健夫・・・⑫ 第二章  満州、小笠原での軍隊生活 ◆ 陽こう攻撃 支那事変勃発直後、内地からの派兵が間に合わない為、 一時関東軍を支那に送った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・・矢部健夫・・・⑪  強運とはこんなもの!

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2008/08/14 00:17 >> 北斗の果てに・・・矢部健夫・・・⑪ 第二章  満州、小笠原での軍隊生活 ◆  強運とはこんなもの! 私は当時、初年兵で中隊の伝令を勤めた。 伝令は殆んど、大隊本部と中隊との間で、命令、報告を互い…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに・・第二章・・⑩  心の寄りどころ

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2008/08/06 19:35 >> 北斗の果てに・・矢部健夫・・⑩ 第二章  満州、小笠原での軍隊生活 ◆  心の寄りどころ 私の父は厳格な人だった。 五~六才の時に、父親を亡くし祖父母に育てられたとの事であった。 父は姉と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・第二章・・⑨  零下四十度の体験

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2008/08/06 16:58 >> 北斗の果てに・・矢部健夫・・⑨ 第二章   満州、小笠原での軍隊生活 ◆ 零下四十度の体験 我々日本人には、零下四十五度や、四十六度の寒さと言っても、中々想像はつかないだろう。 私はかつて北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・第二章・・⑧  母からの手紙

団塊お嬢ジャーニー<< 作成日時 : 2008/08/04 10:14 >> 北斗の果てに・・第二章・・⑧ ~~~~~~~~~~~~~ ☆ 北斗の果てに  矢部健夫 第二章  満州、小笠原での軍隊生活 ◆ 母からの手紙 満州に着いてから、本格的な軍事教育が始ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗の果てに・・(第二章)・・⑦  満州、小笠原での軍隊生活

団塊お嬢ジャーニー << 作成日時 : 2008/08/03 16:05 >> 北斗の果てに・・(第二章)・・⑦ 伯父の著作・・「北斗の果てに」を、再びUPしようと思う。 伯父は軍隊生活が長かった。 満州、小笠原、シベリアと経験し、辛酸を舐めてきた。 これは、昨年逝った伯父が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・・⑥ シベリア抑留に対する国の配慮

団塊お嬢ジャーニー <<   作成日時 : 2008/03/24 20:14   >> 北斗の果てに・・・⑥   矢部健夫 第一章  ソ連での抑留生活 ◆ シベリア抑留に対する国の配慮 飢えと寒さの中での四年余に亘るシベリアでの抑留生活は、余りにも過酷だった。 終戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗の果てに・・・⑤ 収容所の営倉

団塊お嬢ジャーニー <<   作成日時 : 2008/03/12 00:45   >> 北斗の果てに・・・⑤  矢部健夫 第一章  ソ連での抑留生活 ◆  収容所の営倉 マガダンにおける我々旧日本軍に科せられた労働は過酷だった。 私は色々な作業場へ作業長(指揮者)と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【北斗の果てに】・・矢部健夫・・・②   ソ連での抑留生活

団塊お嬢ジャーニー<<   作成日時 : 2008/02/17 14:32   >> 【北斗の果てに】・・矢部健夫・・・② 第一章  ソ連での抑留生活 ◆  初めて上陸するソ連 占守島片岡港を出航して丸二日程経った朝、ガラガラという音を立てて船の錨は下ろされた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シベリア抑留の記録 北斗の果てに・・第一章・・①  

叔父の「北斗の果てに」(信陽堂)のシベリア抑留の記録を 「団塊お嬢ジャーニー」に2008年2月10日から、そのまま写したのだけれど、 今は消えてしまったので、「団塊お嬢ジャーニーnext」で 再度UPすることにしました。 ==================== 北斗の果てに・・第一章・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more