団塊お嬢ジャーニーnext

アクセスカウンタ

zoom RSS 「万引き家族」見てきました。

<<   作成日時 : 2018/06/13 21:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

「万引き家族」
 カンヌ国際映画祭のパルム・ドール賞を貰ったというから昨日、友人たちと見てきました。
 まあ、見る前から、賛否両論あって、賛成意見は、現代の問題を鋭く描いているとか、反対意見は、犯罪を助長するとか、日本人らしくないとか、色々ありました。

画像

画像


 私が見た感じでは、前半はやっぱり、だらしない映画という感想。
 戦後かよと思うほど、家の中は乱雑で、日本人は清潔好きだから、
いくらなんでも、これ汚すぎるだろう、という感じ。
 後半は、物語の筋に入って行くので、現代の問題を指摘しているのか
と考えさせられるところもあったけれど、何らかの犯罪を犯しながら
皆が皆、生きていくという倫理観のなさには閉口する。
 映画は、倫理観を持ち出してはいけないと言っているのかな?

 もともと、家族破綻した人たちが集まって、本当の家族を作ろうと
模索する家族ごっこの話だから、切ない所もあって、
 まあ、大人だけなら勝手にしていろと、突き放すこともできるけれど
子供を巻き込んでの犯罪家族ごっこ。やっぱり、なんかなあ〜〜。

監督は、切なさや、真実の家族の在り方を言いたいのだと思うけれど、
この作品に、まともな家庭が一つも出てこないうえに、
犯罪を、案外明るく描いていて、これが突き抜けていて、なんかなあ。
 日本人の感覚ではありえないという意見にもうなずける。
 まあ、芸術というのは、枠からはみ出ていないといけないのかもしれないけれど。

カンヌ映画祭も、フランスというお国柄だからね、と納得してみたり。
(審査委員長はオーストラリアのケイト・ブランシェットという人)
ヨーロッパでは、受けるのだろうねとは思うけれど・・・。
それでも、是枝さんは、「日本人を貶めているのか?」という意見にも
それなりに納得する。

驚いたことに、ウイキでは是枝さん、早稲田大の教授になっている。
最近の早稲田の教授は、どうも、あちら系の人ばかり・・。
早稲田、本当に大丈夫???






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「万引き家族」見てきました。 団塊お嬢ジャーニーnext/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる