団塊お嬢ジャーニーnext

アクセスカウンタ

zoom RSS 「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」の紹介です。

<<   作成日時 : 2013/05/02 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 0

何日か前に、Nさんから、本の紹介がありました。
「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」という本です。
私は、注文中で、まだ届いていないのですけれど、
紹介だけは、早くしておきますね。

韓国はどこに行くのでしょうか?
長い歴史で中国の属国だったから、また、そのように戻っていくのでしょうか?
韓国、事大主義で酷かった李朝みたいね。
今の中国は、共産国家なのに、信用していいのかなあ。

画像




以下は、友人のメールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記の一文は『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』鈴置高氏史著:日系BP2013/2/25のプロローグからの抜粋であります。関心のある方は著書を一読されます事をお勧めいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
良書紹介
韓国の「離米従中」は2012年に表面化した。韓国は軍事機密の円満な交換を約束する軍事協定GSOMIYAを日本と結ぶはずだった。だが、署名当日になって拒否した。米国から結ぶように強く求められていたのだが、中国に恫喝されて最後の段階で怯んだのである。中国は日韓軍事協定が米日韓3国同盟を産みかねないと強く警戒している。
 それだけではない。何と韓国は中国に対して軍事協定の締結を申し込んだのである。日増しに大きく強く、傲慢になる恐ろしい隣国、中国の関心を買おうとしたのだ。だが結べば米国が韓国に与えた機密情報が中国に筒抜けになりかねない。米国は警戒し日本に対しても、韓国に機密を渡すなとクギを刺す。

 韓国は金融の位の命綱も中国に託した。李明博大統領の竹島上陸と「日王謝罪要求発言」により日韓関係が極度に悪化。韓国は持病の外貨繰りの不安が増す中で、その融通を日本に頼めなくなった。(日本とのスワップ解消)  そこで中国との通貨スワップを事実上延長してもらい、代わりに人民元の国際化に協力する事を決めたのである。ドル体制を揺さぶる中国のお先棒を同盟国の韓国が担ぐとは、米国もこころ穏やかではないであろう。
 安全保障と金融という国の二つの要で始まった韓国の「離米従中」。韓国メデアはもはやその事を隠さない。米中等距離外交の勧めが保守系紙に載る。「中国を甲とし、韓国を乙とする関係」との表現で、「属国回帰もやむなし」との意見まで紙面に登場した。米国や日本の安全保障専門家の間では「米韓同盟はどんなに長くもってもあと20年。早ければ2010年代半ばに解消される」との予測が今や多数説になっている。

 韓国の「離米従中」が始まったことに気付く人は日本では少なかった。日本自身は膨張する中国に警戒感を強め、米国との同盟関係強化に動いてきた。このため、隣国が正反対の方向に進んでいるとは思いもよらなかったのである。

 2013年1月、韓国は、靖国神社放火犯の疑いが強い中国人を中国に送り返した。日韓条約の条項をもとに引き渡しを求めた日本政府の要請を無視したのだ。中国の圧力に韓国が屈した事は明らかであった。ここに至って極普通の日本人でも「韓国が中国の属国に戻った」と実感したのである。

 2013年朴クネ政権が出帆した。彼女は反共主義者の故朴正煕大統領の娘だ。それゆえに「離米従中」に歯止めがかかると期待する向きもある。・・・彼女は大統領になる前から中国に接近し、その力で北朝鮮の核実験を抑えようとした。中国も韓国の韓国の希望にこたえるそぶりを見せて「中米間での等距離外交」を韓国に求めている。・・・

 「中国の空母が済州島の軍港にいずれ入る」(2013年済州島で大型の軍港建設に着手した)と安保専門家が懸念を抱いているが、韓国の左派系が「米国の空母が寄港すれば、中国との関係が悪化する」と基地反対を叫んだが、これに対して李明博政権の国防相は「中国の船・空母も入るのでその心配は無用だ」と答えたのである。・・「我が国は古来から中国の属国であったのだ。日本のように中国と戦って戦争に勝った事もない」と筆者の韓国の友人が語っていたと言う。・・・・以下略
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆かつて日清、日ロ戦争があったが、いずれも朝鮮の動向が戦争勃発の要因であった事を忘れてはいけない。
◆2009年7月、鳩山由紀夫氏はニューヨークタイムズに「東アジア共同体構想」を投稿した。選挙に勝って、民主党政権が出来る前夜の事であった。鳩山はこの論文で徹底的に米国の政府、国民を敵に回したのである。論文内容の骨子は「日米同盟だけでなく、日本は中国を中核とした東アジア同盟」=共同体を作るのだ、と言う、狂気じみた国策・安全保障論であった。鳩山は首相就任第一ラウンドで、狂人との「ルーピー」レッテルを張られたのであった。・・朴クネ韓国政権・韓国メデア・韓国国民の考えが、あの「ルーピー」鳩山由紀夫氏と相似形ではないか。

■★韓国の尹ピョン世外相は、日本との外相会談をドタキャンし、その足で北京に飛んで、中韓外相会談を行い、「中韓ホットライン開設」で合意し、「中韓蜜月ぶりを演出した」(反靖国・反日同盟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鈴置高史:早稲田大学政経学部、日本経済新聞社、ソウル、香港、特派員、ハーバード大学研究員、日経経済解説部長、小説「朝鮮半島201Z年」でボーン上田記念国際記者賞を受賞。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国は中国の一部になる?:中国に立ち向かう日本、つき従う韓国
中国に立ち向かう日本、つき従う韓国作者: 鈴置高史出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2013/02/21メディア: 単行本 前著「朝鮮半島201Z年」と同じく、韓国を通じて中国を見るというのが基本コンセプト。 韓国自身の分析も入っているが、韓国を見れば見るほど、中国の影響から逃げられないことがよく分かる内容になっている。 ...続きを見る
本読みの記録
2014/08/27 23:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「中国に立ち向かう日本、つき従う韓国」の紹介です。 団塊お嬢ジャーニーnext/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる